お問い合わせ TEL 055-987-5575

〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩346-1

詳しい地図はこちら

長泉町にある桑名眼科クリニック。一般眼科をはじめ眼に関するお悩みはご相談下さい。

目の病気

コンタクトレンズ
求人案内
MOBILE SITE

白内障

白内障

白内障はさまざまな原因で水晶体が濁ってしまう病気です。
加齢によるものが最も多く、早い人では40代から、70歳以上では80%に認めます。その他の原因としては先天的なもの、外傷、アトピー、薬剤、放射線、炎症によるもなどがあります。水晶体が濁り始めると、まぶしく見えたり、かすんで見えたり、眼鏡があわなくなったりします。このような症状がある場合は視力検査や散瞳検査を行い診断します。

詳しくはこちら

緑内障

緑内障

緑内障は、眼の圧力によって視神経が傷つき、視野が狭くなっていく病気です。日本緑内障学会で行った調査(多治見スタディ)では、40歳以上の5%、つまり20人に1人の割合で緑内障の患者さんがいることになります。緑内障の初期では、視野の中心からはなれた場所がみえなくなるので、ほとんど自覚症状はありません。進行すると中心部がみえなくなり、視力低下をおこします。緑内障においては失われた視野はもとにもどりませんので、早期に発見して治療することが非常に重要になります。

詳しくはこちら

ドライアイ

ドライアイ

ドライアイとは涙の分泌量がへったり、涙の質が低下することによって、眼の表面が乾きやすい状態になることです。涙は角膜表面の細胞に栄養も供給していますので、ドライアイでは眼の表面に傷がつてしまいます。症状としては、乾燥感、異物感、眼の痛みなどがあります。重症になると視力低下もおこします。

詳しくはこちら

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病になってから数年から10年程度で発症するといわれています。糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の合併症の一つで、重症になると網膜剥離を引き起こし失明の可能性があります。かなり進行するまで自覚症状がない場合があります。そのため自覚症状がなくても定期的に受診し、眼底検査をうけることが重要です。

詳しくはこちら

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性とは、網膜の中心部にある黄斑という場所に障害が起こる病気で、50歳以上の約1%にみられます。その名のとおり高齢になるほど多くみられます。症状としては、ものがゆがんで見えたり、中心がみずらくなったり、色がわからなくなったりします。

詳しくはこちら

アレルギー性結膜炎(花粉症)

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは、外から異物がはいってきたときにおこる免疫反応で、本来無害なものに対し過剰に反応したものです。症状としては、かゆみが最も多く、異物感や目やにといったものがあります。アレルギー性結膜炎の約85%は花粉症性アレルギー性結膜炎と考えられていますが、アトピー性のものや、より重症な春期カタル、コンタクトレンズによるものもあります。

詳しくはこちら

飛蚊症

視野にごみや虫が飛んでいるように見える症状を飛蚊症といいます。眼を動かすと細かく動き、リング状にみえたり、ひも状に見えたりします。ほとんどの場合、加齢に伴う変化で問題ありませんが、網膜剥離や硝子体出血やぶどう膜炎などの疾患でも起こる症状ですので注意が必要です。飛蚊症のある方は、眼底検査が必要となります。

詳しくはこちら

PAGE TOP