お問い合わせ TEL 055-987-5575

〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩346-1

詳しい地図はこちら

長泉町にある桑名眼科クリニック。一般眼科をはじめ眼に関するお悩みはご相談下さい。

糖尿病網膜症

コンタクトレンズ
求人案内
MOBILE SITE
桑名眼科クリニックHOME»  糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症は、糖尿病になってから数年から10年程度で発症するといわれています。糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の合併症の一つで、重症になると網膜剥離を引き起こし失明の可能性があります。かなり進行するまで自覚症状がない場合があります。そのため自覚症状がなくても定期的に受診し、眼底検査をうけることが重要です。

糖尿病網膜症治療について

軽症の場合は、経過観察し悪化がないか定期的に眼底検査します。中等症から重症になると網膜光凝固術といってレーザーでの治療を行います。網膜光凝固は網膜の酸素不足を解消することで、新生血管の発生を予防したり、新生血管を減らすことで将来の失明を予防します。網膜光凝固をおこなっても、網膜症が進行する場合は手術加療を行います。最近の治療では、網膜症にともなう黄斑浮腫に対し、抗VEGF薬を硝子体注射することがあります。

PAGE TOP