駿東郡長泉町にある桑名眼科クリニック。一般眼科をはじめ眼に関するお悩みはご相談ください。

桑名眼科クリニック
ご予約・お問い合わせ tel.055-987-5575

〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩346-1

目の病気

白内障

白内障とは

白内障はさまざまな原因で水晶体が濁ってしまう病気です。
加齢によるものが多く、早い人では40代から、70歳以上では80%に認めます。その他の原因としては先天的なもの、外傷、アトピー、薬剤、放射線、炎症によるもなどがあります。水晶体が濁り始めると、まぶしく見えたり、かすんで見えたり、眼鏡があわなくなったりします。このような症状がある場合は視力検査や散瞳検査を行い診断します。

白内障治療について

日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬や内服薬で進行を遅らせます。これらの治療は水晶体の濁りの進行をおさえますが、改善するものではありません。日常生活に支障がでるようであれば、手術を行います。水晶体の濁りを取り除き、眼内レンズを挿入する方法が一般的です。かなり進行した白内障については、通常の方法が困難で他の手術法で行う場合があります。

手術について

手術というと非常に抵抗がありますが、現在は点眼麻酔で行えるようになり、痛みもほとんどなく、日帰りで手術が可能になりました。小さな傷口(約2.4mm)をつくり、超音波で白内障を砕きながら除去し眼内レンズを挿入します。眼内レンズについては、患者さまの日常生活にあった度数を相談しながら決定します。
このレンズ度数の調節で、遠視や近視を減らすこともできます。

◆白内障日帰り手術
手術前:まずは診察を受けていただきます。手術に必要な検査など行うために2~4回ほど通院が必要です。
手術日:手術時間は15~20分程度ですが、ご来院からご帰宅までのお時間の目安は3時間程度です。
手術後:術後は1週間は短い間隔で3~4回ほど診察を行います。その後少しずつ間隔を延ばして経過を診ていきます。
※手術後の状態によっては、診察の回数が増えることもあります。

緑内障

緑内障とは

緑内障は、眼の圧力によって視神経が傷つき、視野が狭くなっていく病気です。日本緑内障学会で行った調査(多治見スタディ)では、40歳以上の5%、つまり20人に1人の割合で緑内障の患者さまがいることになります。緑内障の初期では、視野の中心から離れた場所が見えなくなるので、ほとんど自覚症状はありません。進行すると中心部が見えなくなり、視力低下をおこします。緑内障においては失われた視野は元に戻りませんので、早期に発見して治療することが非常に重要になります。

緑内障治療について

薬物療法、レーザー治療、手術があります。緑内障にはさまざまなタイプがあり、それぞれの人に適した治療方針を決定することが重要です。薬物療法では一般的に点眼薬で行いますが、一種類の点眼薬であまり改善されない場合は、複数の点眼薬を使用することもあります。

ドライアイ

ドライアイとは

ドライアイとは涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下することによって、眼の表面が乾きやすい状態になることです。涙は角膜表面の細胞に栄養も供給していますので、ドライアイでは眼の表面に傷がついてしまいます。症状としては、乾燥感、異物感、眼の痛みなどがあります。重症になると視力低下もおこします。

ドライアイ治療について

症状が軽い場合には、眼に潤いをもたせる点眼薬で治療します。点眼薬でも効果が不十分な場合は、涙点プラグといって涙の出口を人工的に遮断するような治療を行うこともあります。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症は、糖尿病になってから数年から10年程度で発症するといわれています。糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の合併症の一つで、重症になると網膜剥離を引き起こし失明の可能性があります。かなり進行するまで自覚症状がない場合があります。そのため自覚症状がなくても定期的に受診し、眼底検査をうけることが重要です。

糖尿病網膜症治療について

軽症の場合は、経過観察し悪化がないか定期的に眼底検査をします。中等症から重症になると網膜光凝固術といってレーザーでの治療を行います。網膜光凝固は網膜の酸素不足を解消することで、新生血管の発生を予防したり、新生血管を減らすことで将来の失明を予防します。網膜光凝固をおこなっても、網膜症が進行する場合は手術加療を行います。最近の治療では、網膜症にともなう黄斑浮腫に対し、抗VEGF薬を硝子体注射することがあります。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症とは

加齢黄斑変性とは、網膜の中心部にある黄斑という場所に障害が起こる病気で、50歳以上の約1%にみられます。その名のとおり高齢になるほど多くみられます。症状としては、ものがゆがんで見えたり、中心が見づらくなったり、色がわからなくなったりします。

加齢黄斑変性症治療について

網膜の外側にある、脈絡膜の新生血管を退縮させるために抗VEGF薬の硝子体注入を行います。加齢黄斑変性のタイプによっては、光線力学療法やレーザー光凝固を行うことがあります。予防に関しては、禁煙、サプリメントの摂取があります。

アレルギー性結膜炎(花粉症)

アレルギー性結膜炎とは

アレルギー性結膜炎とは、外から異物がはいってきたときにおこる免疫反応で、本来無害なものに対し過剰に反応したものです。症状としては、かゆみが多く、異物感や目やにといったものがあります。アレルギー性結膜炎の約85%は花粉症性アレルギー性結膜炎と考えられていますが、アトピー性のものや、より重症な春期カタル、コンタクトレンズによるものもあります。

アレルギー性結膜炎治療について

抗アレルギー薬や副腎皮質ステロイド薬の点眼で治療します。症状が強い場合には抗アレルギー薬の内服を行います。また重症な春期カタルに関しては、免疫抑制薬の点眼治療を行います。

飛蚊症

飛蚊症とは

視野にごみや虫が飛んでいるように見える症状を飛蚊症といいます。眼を動かすと細かく動き、リング状にみえたり、ひも状に見えたりします。ほとんどの場合、加齢に伴う変化で問題ありませんが、網膜剥離や硝子体出血やぶどう膜炎などの疾患でも起こる症状ですので注意が必要です。飛蚊症のある方は、眼底検査が必要となります。

飛蚊症の治療について

生理的な飛蚊症の場合は、特に治療する必要はありませんが定期的な眼底検査が必要です。眼底検査によって病気があった場合は、それぞれの病気にあわせた治療が必要となります。早期に治療が必要な場合がありますので、飛蚊症の自覚がある方は眼科専門医を受診することを勧めます。